FXの口座開設をする際に身分証明証は必要ですか?

はい、必要です。

基本的には運転免許証を身分証明証として使えるので多くの人は特に問題ないでしょう。

では、運転免許を持っていないという場合にはどうすればいいか?

FX口座にかぎらずどんな証券口座であっても申し込みの際には本人確認書類が絶対に必要になります。

運転免許証を持っていないという場合には生活の様々な場面で面倒な手続きを強いられることが多いわけですが、一部の証券会社では本人確認書類として使える身分証明証を多種類用意しているので便利です。

例えば・・・

GMOクリック証券やDMMでは運転免許証以外の本人確認書類も受け付けています。健康保険証・住民票・年金手帳・印鑑証明・住民基本台帳カード・個人番号カード・パスポートなど。運転免許を持っていないという場合にはこうした証券会社を使うというのも一つの方法でしょう。

⇒ GMOクリック証券

最近では本人確認書類のやり取りでEメールなどを活用し、申し込みの翌日や翌々日からFX取引が可能になる証券会社もあるんですよ!

本人確認書類には何を?

本人確認とは言っても別に難しい話ではありません。一般的には

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

など、生活する上で身分証明として通用している書類があれば問題ないです。

普通に日本で生きていれば、どれかは持っているはず。・・・というか、どれも持っていないというのであればFX投資なんかやっている場合じゃないですよね(汗)

 
本人確認書類が無いということよりも、むしろ免許証とかで住所変更をしている場合に裏面のコピーなどを送り忘れて二度手間になってしまうという人の方が多いのではないでしょうか?(最近はどこのFX業者でも「裏面に記載がなくても裏面のコピーを送るように」言っていますね)

FX業者では携帯電話やスマホで撮影してEメール送信したり、従来通りに郵便によってコピーを送ったりと色々な方法を用意しているので自分の使いたい方法で本人確認書類を送るといいですね。

さっさと口座開設して入金・取引までやりたいというのであればEメールを使った本人確認が一番早いと思いますし、ネットを介して運転免許証などの情報を送信したくない場合には郵便を使うというのが良いでしょう。(郵便だと時間が掛かる分口座開設のタイミングも遅くなりますが)

こういった書類の提出を求められると「大丈夫かな?」「悪用されないかな?」とかって不安になる人もいるようなのですが、そんな免許証とかのコピー程度では何もできないですし、逆にFX業者の側が「この人大丈夫かな?」「変な人じゃないかな?」「ヤバイ資金を投入するんじゃないだろうな?」と不安を抱えているわけですから別に心配する必要はありません。

あなた自身が自分の意志で口座開設をしようとしているのか、手続きをあなた自身がやっているのか、という確認をしているだけですから大丈夫。

家族のなりすましや他人のなりすましを防ぐなどの目的で本人確認が行われているだけなので、あなたに問題がないのであれば何も気にすることはないですよ。

銀行口座を作るときだって本人確認書類は必要です。スマホの契約や機種変でも使いますよね。

最近の口座開設はとても便利!

FX投資というものが登場した当初は、口座開設をする場合には資料請求をして、手書きで申込書類を書いて、本人確認書類をコピーして送付して、また証券会社から書類が届いて・・・という面倒臭い手続きが必要でした。

ちょっと前までだったら申し込みはオンラインでできるけれども本人確認書類は郵送で・・・という感じでしたね。

ところが今では多くの証券会社で、FXの口座開設をする際に本人確認書類もオンラインでOKという感じになってきています。

免許証や保険証などをスキャンしたり撮影したりして自分のパソコンに取り込み、口座開設の申し込みをする時に送信フォームから一緒に送るだけで済むようになっているんですよね。便利な世の中になったものです!

以前は一部のFX業者でしか採用されていなかった方法ですので、口座開設まで1週間も2週間もかかっていましたから・・・。

何か問題があるのだろうか?

ヤフー知恵袋の中で、「どうしても写真なしの本人確認書類でFXの口座開設をしたい。」という相談を見たことがあります。今は国内の業者でも写真がついていない本人確認書類で口座開設が可能になっている所もありますけど。

この相談が投稿されたのは随分前だったので、運転免許証以外で何とかしたかったのでしょう。ちなみに顔写真がある本人確認書類を持っていない場合には今後色々と不利になるようです。

でも、顔写真をどうしてもFX業者に出したくない理由は何だったんでしょうね?なんか物凄い前科があるとか、実はFX業者に勤務していてこっそり取引をしたいとか、そういった事情があるのでしょうか?

多分この人はこの時に海外業者を使って口座開設をしたと思うのですが、写真がどうこうっていう理由が最優先になっていて、システムや回線、スプレッドなどの問題は後回しになっていたようです。

ここを読んでいるあなたは顔写真を出せないワケありではないと思いますので、国内FX業者の様々な条件を比較しつつ口座開設する業者を決定していってください。

【参考】

マイナンバー制度の導入

ほとんどのFX業者において2016年1月以降は口座開設時にマイナンバーの通知が必須になります。上記で書いた本人確認書類の他にマイナンバーが必要に・・・という感じになるでしょう。

また、現在口座開設済みの場合であってもマイナンバーを通知しないと取引ができなくなるはずです。例えばDMMの場合には2018年末までに通知が必要。マイナンバーの通知カードについては本人確認書類としての使用はできないとのことですが、個人番号カードは本人確認書類の代わりになるようです。
(2015.11追記)

このページの先頭へ