FXで口座開設手数料や維持費用がかからない証券会社は?

口座手数料はかかる?

FX取引を始めた時に、口座開設で手数料を取られるのかどうか心配している人はいませんか?

世の中には色々な投資先がありますが、投資の種類によっては口座を開設する時にお金が必要になってしまうということもありますよね。結論から言うと、

良心的なFX業者であれば、無料で口座開設をすることができます。

本人確認書類のコピーとか郵送には100円くらいお金がかかるかもしれませんが、オンラインで手続きができる業者を選べばそれさえも不要ですね。

 
逆に、口座開設をする時に手数料を要求されたらそこでの口座開設は止めておいた方がいいでしょう。きっと詐欺です。海外業者はどうだかわかりませんが・・・。

口座開設時に必要になる資金は、実際に取引を行うための資金以外は全く払う必要がありません。

維持手数料はかかる?

また、FX口座を保有していると、毎年1万円とか維持手数料を取られるのではないか?と思うかもしれませんが・・・

良心的な証券会社なら口座維持手数料も必要ありません。

スポーツクラブなんかみたいに年会費の手数料を取られてしまったら面倒臭いし損ですからね。

 
口座維持手数料が必要になるということも基本的にはありません。

例外として預けている証拠金が少なくなった場合には数千円とかの維持手数料が必要になるFX業者も存在しますが、そこまで損したりロスカットされたりしてしまった場合には一度口座を休眠するかクローズしてしまった方がいいと思います。

手数料を取るようなFX業者はあるのか?

もしも口座開設手数料を要求するような証券会社だったら、きっと取引手数料も為替相場のスプレッドも大きく取られるでしょう。スワップ金利も相当ケチっている証券会社なんじゃないでしょうか?

投資信託じゃないんですから、ただ放っておくだけで毎年毎年手数料が差し引かれていくとかあり得ないですね。

基本的にはたくさん取引をしてもらって取引手数料を中心に利益に繋げようとしているFX業者がほとんどですから、口座維持手数料なんかを徴収してモチベーションを下げるようなことはしないわけです。

口座開設は有利になってきた

最近の流れとしては、とにかく最初の敷居を低くして投資家をたくさん集めよう、というのがFX取引を扱っている証券会社では一般的な感じになってきています。

口座開設する時に色々と特典をつけてみたり、キャッシュバックキャンペーンをやってみたりするのはその一つです。昔と比較すると若干最初の口座開設審査も甘くなっているような気がしますしね・・・。

とにかく、投資家を集める時点で『口座開設手数料』なんていうつまらない手数料で小銭を稼ぐよりも、手数料を無料にして投資家をたくさん集めて取引手数料とかスプレッドとかで少しずつ利益をあげた方がいい、と証券会社も判断しているのでしょう。

以前は取引手数料も片道1万通貨300円、スプレッドはドル円4銭とかって今考えたらふざけた商売をしていたところが多かったのですが、FX取引を扱う証券会社が増えたことによって、取引手数料は無料、スプレッドも極小、と投資家に有利な条件が揃ってきていますね!

具体的に名前を挙げるとすれば、次の証券会社が良いでしょう。単純に、多くの人が口座を開設しているということだけでも使いやすさがわかるはず。

⇒ DMM FX

以前はFX各社で極端に取引手数料やスワップ・スプレッドが異なっていたので一生懸命比較して選ばなければならなかったのですが、業者が乱立して競争が激しくなったりくりっく365が登場したりしてどんどんと手数料は安く、取引条件は有利になっています。

昔FXに手を出してイマイチ利益があがらなかった・・・という人の場合には現在の取引条件だったら勝てる可能性は高いかもしれませんね。特にデイトレード気味で取引回数が多くて手数料負けしていたのであれば、今の時代の取引手数料の安さに驚くと思います。

【参考】

私が使ったり紹介したりしている証券会社にはさすがに維持手数料や口座開設手数料を要求してくるところはないのですが、あなたが知っている証券会社の中にはもしかしたらあるかもしれませんね(海外系のFX業者とか)。

そういった余計な費用っていうのは資産運用をする上では明らかにマイナスですから全部資金を引き上げちゃったほうが良いような気がします。FX投資なんてどこの証券会社を使ってもほぼ同じことができるわけですから、無駄に手数料を支払う必要はないでしょう。それに、そんな細かい部分で手数料を稼いでくる証券会社って、経営的に危ないような気がしませんか・・・?

○FXは投資信託と違い売買を全て自分で決められるのがメリット

投資信託を購入してもなかなか利益があがらないという人は多いと思うのですが、そういった経験を何度か繰り返していると自分で購入する銘柄なんかを決めたくなりますよね。

実際によくある研究ではインデックスファンドが一番投資結果が良かったり、下手すると猿にダーツを投げさせて決めた銘柄が一番リターンが良かったりします。

投資信託の運営には色々な制約とか事情があるわけで、どう転んでも一般投資家は大きく利益があがらない仕組みなんですよね。もちろん投資信託を売る側は手数料とかで利益があがるわけですが。さらに利益が出ると成功報酬を持って行ったりもしますし。

そうなると投資信託を購入するよりも自分で株式投資をしようと思うわけですが・・・

株式投資をしようと思っても非常に投資可能な銘柄数が多いので、どれを購入したら良いのか迷ってしまうという人が大半です。

会社四季報なんか購入してみたところで何の役にも立ちませんし。

 
○全て自分で決められるのがFX

その点、FX投資では各国の通貨に投資するものですから投資対象が少なく勉強する手間がかなり省けます。

毎日馴染みの深い日本円と米ドルだけに投資対象を絞ればほとんど事前の勉強すらいらないという人も多いでしょう。そのためか日本のFX業者が公開している売買比率はやはり米ドル円が大きな割合をいつでも誇っています。

あとはスワップポイントが多くもらえる通貨、オーストラリアドル円やニュージーランドドル円などですね。米ドル円に投資しないと決めればこれらの国の経済や政策について勉強すればいいわけなので手間もそれほど変わりません。

 
○自分で全てを決めることができるのがメリット

投資信託などとは異なりFX投資では購入のタイミングや売却のタイミングを全て自分で決定することになります。

「自分は素人だから・・・」と考えてしまうこともあるかもしれませんが、プロに任せて損失を出すくらいだったら自分で売買の決断をして損をした方が納得行く結果になるのではないでしょうか?

仮に大きな損を出した場合であっても、自分の判断によって大金を失うのと他の誰かの判断によって大金を失うのとでは精神的にキツさが違います。

 
それに、自分で売買判断をして損をしたならば売買過程での自分の心の動揺やタイミングの反省などから次に為替の売買をしていく時の勉強になるのですが、投資信託で損をしたとしても「あの証券会社の投資信託はダメだった」ということしか学ぶ(学んですらいない感じですが)事しかできません。

 
資産形成の過程で一度も失敗しないで常に右肩上がりという人はいません。失敗から学ぶことによってその後の勝率を上げていくわけですから、自分で売買判断ができるかどうかというのは人生を大きく左右します。

 
○投資信託だとシステム的に欠陥がある

特に投資信託では損失を出す時には結構大きな損失を出すことが多いのですが、利益が出ている時はちょこっとした利益しか得られないことが多いです。これはプロの運用方法に問題があるというよりは、投資信託のシステム的な問題です。

中途解約が可能な投資信託の場合に利益が出ているとしたらどうでしょう?利益が出ているうちに、損失を出さないうちに解約して利益確定をしたいと思いますよね?

解約して利益確定をする人が多くなれば、その投資信託全体の資金規模が小さくなります。資金が少なくなったら運用担当者はまともな運用ができなくなるので預託期間の後半はほとんど身動きができなくなるわけです。解約する人が多くなればその分保有している銘柄を売却しなければなりませんしね。

 
そんなわけで、投資信託っていうのは意外とちゃんとした運用ができないシステムになっているんですね。

そもそも運用担当者が優秀だったら証券会社で働いていないわけですよ。それをプロっぽく見せることで一般の投資家の代わりに投資して、買っても負けても手数料を取って生活しているわけですから。

 
○利益は全部自分のものだが損失も全部自分のもの

もちろんFX投資を始めて自分で全て売買の決断をしたとしても、利益は全部自分のものですが損失も全部自分のものです。当たり前のことなんですけどね。ただ、投資信託などと違う点は他の人の解約に全く影響されることがないということですね。

もちろん他の人の売買によって為替相場は変動するものですが、それによって自分が売買できない状態に追い込まれることは一切ありません。

いつ買い・いつ売り・どれくらいの数量にし・どの通貨にするのか、さらに言えばどの証券会社を使うのか・どのくらいの資金を投入するか、全てはあなたの判断で行うことができるんです。

 
他の人の影響を受けずに自己責任で投資をしたい・・・という人にはFX投資はかなり向いていると思います。

このページの先頭へ