FXを低レバレッジで始めたい・運用したい時はどうすべき?

FX取引を安全のために低レバレッジでスタートさせたい場合にはいくつかの方法があります。高レバレッジで運用してしまうと大抵の場合には次のような結末を迎えることが多いですからね。

1000万円で100万豪ドル円買い、損失970万円
レバレッジ25倍で運用してリーマンショック以来2度目のロスカット

上の例は損切りが重要とかそういう話ではなくポジションを取りすぎ。
下の例は多分マイ取引ルールに反した運用をした結果でしょう。

レバレッジの低いコースで運用する

まずは、単純にレバレッジの低いコースを口座開設の際に申し込む方法。これだとどうやっても申し込んだレバレッジ以上のポジションを取ることができませんので、うっかり過大なポジションを取ってロスカットされる危険性が減ります。

どこの証券会社であっても大抵はいくつかのレバレッジコースを用意していますので、自分の資金とリスク許容範囲に応じて選択する(参考:ハイレバレッジが即危険ということではない)といいと思います。

他にも色々なやり方が考えられますね。

1万通貨、2万通貨程度で始める

レバレッジを下げるというよりは、取引する数量を下げるという考え方です。どうしてもレバレッジを制限したコースで申し込んでいても、制限いっぱいで取引したくなるのが人間です。

それだったら最初っから2万通貨までしかポジションを持たない、などというふうに自分で決めておいたほうがいいかもしれませんね。

取引単位を下げる

上記では1万通貨や2万通貨でしか取引しないという例を挙げましたが、こちらはさらに低リスクな方法で取引をします。

1000通貨単位で取引する

それほど資金量が多くない人や、デモ取引で一通り試して実際のお金で取引を始めるという人向けにFX業者の一部では1000通貨単位での取引ができるように設定している場合があります。

これまではFX取引といえば1万通貨単位での売買が普通だったのですが、1000通貨単位での取引が認められたことによって今までよりも低リスク・低レバレッジでの運用が可能になりました。

1000通貨単位で取引ができる代表的なFX業者には以下の所があります。

⇒ 外為ジャパン

もちろん、1000通貨単位でロット数を増やせばレバレッジも上がるので、その辺には注意が必要ですけど。(1000通貨単位×100だったら10万通貨になりますから)

ナンピン的な売買をしない

ある日突然大損してしまう人っていうのは、結局はポジションの持ちすぎで一気に損失をふくらませてしまうんですよね。

で、どうしてポジションを持ちすぎたのかというと、予想と逆の方向に相場が動いた時に手仕舞いせず、株式投資で言うナンピン買いのようにポジションを増やしてしまうため。これを禁止しておくだけでも低いレバレッジのままでFX投資に臨めると思います。

自分の予想と逆の方向に為替相場が動いた時にどうするべきかを事前に決めておきましょう。利益があがることばかりを考えていると、損失が出ている時に逆にポジションを増やして損失分を取り返そうとしてしまうことが多いです。

100円で1万米ドル買い

96円に下落(4万円のマイナス)

「1万米ドルを追加で買えば、98円に戻るだけでトントンだ!」「もし100円まで戻れば逆に4万円の利益だ!」

96円で1万米ドル追加買い(合計2万米ドル)

92円に下落(合計で12万円のマイナス)

というパターンになってしまいがちなんですよね。実際にはもっと大きな金額を動かして大損、またはロスカットされてしまうというのが一般的でしょう。

「下落しても我慢して売買しない」「下落したら一旦あきらめて損切りする」という事を決めておくのが低レバレッジでFX投資をする上で大事になります。

逆に少しの資金だけ入れておく

資金をたくさん入れておいて、少ないポジションで勝負するというのが低レバレッジの基本です。

しかし、その逆に資金は少しだけしかFX口座に入れておかないことで
リスクを限定するっていうやり方もあります。低レバレッジにしたい理由は損失を最小にしたいというのが理由なわけですから、こういう方法で資金管理によって低リスクにしてしまうこともできるんですよ。

基本的にはロスカットされた場合でも証拠金以上に損失を出すことはないですし、とんでもない相場変動で証拠金以上のマイナスが出た場合でも証券会社によってはそれ以上の負担を求めない、としているところもあります。

もちろん利用している証券会社によっては追加証拠金が必要になる場合もあるので注意が必要ですが、少しの資金で少しだけの取引をしている場合にはそれほど深く考える必要はないかもしれません。

【参考】

株式投資で利益をあげる方法の一つとして『ナンピン買い』がありますが、
FX投資でも似たような方法で売買することは当然可能です。ナンピン買いとは呼ばれませんけど。

○普通に自分で設計すればOK

株式投資とは異なり外国為替証拠金取引の場合には、値段が半分になるということはほとんどありません。さらにその半分なんて、まず起こることがないんですよね。

その代わり、相場価格が半分・・・ということが起こらなくても手持ちの証拠金が半分に・・・ということは頻繁に起こります。レバレッジ1倍で運用されている株式投資と、レバレッジ5倍とか10倍で運用されているFX投資とではリスク&リターンが大きく異なるんですよね。

FXでナンピン買いをするのであれば、株式投資の時のように「半値になったら購入」というものではなくて、自分でいくら下がったら購入するのかを決めればOKです。

例えば「10円下がったら5万ドル買い」とかっていう風に。

 
○売りでも買いでも可能

FXでナンピン的に追加購入をする場合には、株式投資と違って売りでも買いでも可能なんですよね。いや、株式の空売りでも無理すればできるでしょうけど・・・。

これはナンピン的に購入する人にとっては大きな利点です。円売りから入る人でも円買いから入る人でも、同じような考え方で取引することができるわけですから。

 
○ただし資金にはご注意を

FX投資でもナンピン買いができるからといって、調子に乗ってポジションを過剰にとってしまうと痛い目にあうことがあります。株式投資でのナンピン買いでは資金よりも多くの購入が不可能ですから、資金全てを失うのは購入銘柄が監理・整理ポストにぶち込まれた時くらいでしょう。

でも、FXの場合には違います。ドル円を100万通貨買い増し購入していた場合。1000万円の資金を用意していてもドル円のレートが1円とか0円になった時が資金消滅ではありません。

100万通貨のポジションをとっているわけですから、ドル円のレートがわずか10円動くだけで資金は0になってしまうんですよね。もちろん逆に10円動けば利益は1000万円ですが・・・。

 
実際には0円になる前に恐らくロスカットされて幾らかのお金は残ると思いますが、それでも大ダメージを受けることには違いありません。特に高金利通貨を使ってスワップ金利も得ているという場合には、毎日のスワップ金利で何とかカバーできるかもしれない・・・という思いもあるので単純にポジション量を増やしてしまいがちです(ポジションを増やせばスワップ金利も増えるわけなので)。

FXでのナンピンでは常にこんなリスクがつきまとっていることを頭に入れた上で買い増しをした方がいいでしょう。

 
○結構資金量が必要

こうした購入方法でシミュレーションしてみると、意外と上手く利益をあげることができそうな気がしてきます。ロスカットされない範囲でポジションを取り、相場が逆に動いても買い増ししていけばいいわけですからね。

しかし、実際にはこの投資手法を実行するために結構な証拠金の量が必要になります。買い増しをしていけば当然その分の必要証拠金が増えますし、さらにロスカットされないための余裕資金が必要です。

株式投資でのナンピン買いにはかなりの資金量が必要とされるわけですが、FX投資においても証拠金維持率を保つためにたくさんのお金が必要になるんですよね。

 
FX投資に回すための余裕資金が無尽蔵にあるんだったらナンピン買いは確かに有効だと思います。どれだけ相場が反対に動いてもロスカットされることがないくらいの資金量があるなら(いつになるかはわからないとしても)いずれは損失を回復して利益を出すことは可能でしょう。

しかし、FX投資においてナンピン買いに耐えられる資金量というのはかなり莫大なものになります。実際に計算してみるとわかりますが、よほど工夫がないとちょっとやそっとの資金では耐えられないんですね。

もしもあなたの手持ちの資金がそれほど大きくない・・・というのであれば、株式投資の書籍で読んだようなナンピン買いという手法はスッパリ忘れてしまって別の投資手法を検討したほうが良いのではないでしょうか。元々がナンピン買いというのは豊富な資金量に物を言わせて無理やり勝つ方法ですから、デビューしたての個人投資家が簡単に真似できるものではありません。

レバレッジとは(Wikipedia)

また、ロスカットの話が出たので触れておきますが、次のような疑問を持っている人なんかはFXに手を出す資格がないでしょう。大人しく銀行預金にしておくべきです。

ロスカットされた投資金の行方はどうなるのか?

このページの先頭へ