FX口座を2つ開設したい場合にはこうする

FX投資をしている人で取引用の口座を2つ開設したいという人がたまにいるのですが、基本的には同じ証券会社に同一名義で2つの口座を開設するということはできません。

ですので、複数口座でFX取引をしたいという場合には下記のような方法を取る必要があります。

別の証券会社で新規に口座開設をする

これが2つ以上の口座を持とうと考えた時には一般的な方法だと思います。同じ証券会社で複数口座を開設する方法も無いことはないのですが(外為オンラインで個人口座と法人口座を持つなど)、手間を考えたら複数の証券会社を使う方が無難です。

ここで気をつけるポイントはやはりスプレッドなどの手数料。2つ以上の口座を持ちたい・・・というのは例えば両建てがしたいとか多数の通貨ペアを保有したいという考えがあるからだと思うのですが(私も実際そうでしたし)、手数料が高い証券会社でうっかり口座開設をしてしまうと後々計画に響いてきます。

スプレッドなどのコストが低めのFX証券会社を挙げておきますので、あなた自身が取引している(または取引しようとしている)通貨ペアのスプレッドやスワップポイントなどを確認して2つ目・3つ目の口座開設先を選んでみてください。

どこを使えばいいのかよくわからないという人もいるかもしれませんが、基本的には上記5つの証券会社はスプレッドなどの手数料が低水準なので、キャンペーン内容などを見て気に入ったところを選ぶという感じでも良いと思います。

海外の業者を使ってみる?

これは私がずっと前にやっていた方法なんですが、海外業者の中には同一名義で複数口座を開設できるところも存在します。日本国内だといろいろ面倒なことになるので複数口座は開設できないところがほとんどですが、海外ではあまりそういうことにこだわらない所が多いんですよね。

この時はシステム上からワンクリックで口座を入れ替えて取引ができるようにしてもらえましたし、資金の振り分けもメールをするだけで簡単にできるようになっていました。

それでも今同じことをやるか?と言われたらやっぱりやらないですね。資金の引き出しなんかは英語の書類に色々書いて海外に郵送して・・・とか、メールのやり取りがたまに英語だったりと結構不便なこともあったので。

今は上で書いたように、単純に複数の証券会社を使えば済むことですから無理して海外のFX業者を利用しなくてもいいと思います。私が昔海外業者を使っていたのは当時の国内証券会社のFX取引手数料が法外だったからなので。

また、場合によってはトラブルが発生した時に一切救済を受けられなかったり相手の業者を全く追求できなかったりということがありますから、ここは無難に国内のFX業者を使ったほうが良いでしょうね。

参考:海外に所在する無登録業者とのFX取引等にご注意ください!(関東財務局)

複数口座を使う時の注意

複数の証券会社に口座開設をした時には、それぞれで預けている証拠金の額が違うことになると思いますから(同じように300万円振り込んでも損益ですぐ変動するでしょう)ロスカットラインの確認や利益確定など、普段の取引においてやらなければならないことがちょっと増えてきます。

十分な資金量を確保できているというのであればそんなに神経質にFX取引をすることにはならないと思いますが、預け入れている証拠金が少ない場合には「片方は大きな利益が出てもう片方は損失が出ている」などという場合に間違った判断をしがちです。基本的にはOCO注文などを利用して自分自身のその場での売買判断が介入しないように設定しておくのが無難でしょう。

また、2つ目の口座を開設した時には資金移動を行うのが一般的だと思うのですが、この際には現在立てているポジション量を減らすことを検討してください。ポジションをそのままにして口座同士で資金移動をすれば単純にレバレッジが倍になってしまうわけですし、ロスカットされて大きな損失を出す可能性が高くなりますから。

口座を複数保有するというのは別に悪いことでもなんでもないのですが、口座を増やせば増やすほどロスカットの対象になる口座も増えているわけですから慎重な計算が必要になってくるでしょう(そんなこと考えなくてもいいほど十分な証拠金を用意できているのが理想ですが・・)。なるべくだったら事前に現在のポジション量と今後立てる予定のポジション量、そしてそれぞれの口座においておく資金量を計算した上で資金移動をしてください。

⇒ 証券会社を変えたい場合には

【参考】

複数口座を所有してそれぞれでFX取引を行っている場合に不安になるのが税金のことかもしれません。ただ、FX取引における損益というのは各社で通算したうえでの確定申告が認められているのでそれほど難しい話になることはありません。もしも損益通算ができないとしたら非常に面倒な上にそもそも誰もFX投資なんかやらなくなりますし、そうなると証券会社だって商売にならず、さらに国税庁だって税金が入ってこなくなるので誰も得をしないですもんね。

むしろ複数口座を使ってFX投資をする場合に注意しなければならないのは、最近使っていなかった口座で損益が出ているのを忘れてしまうことでしょう。長期保有用の口座の損益通算を忘れているとかってなると後で面倒なことになります。まぁ、利益をあげたけれども意図的に確定申告しないで税金をごまかしているよりは全然マシな話だと思いますけど。

段々と数は少なくなってきたような気はしますが、以前はFX取引での巨額脱税事件が頻繁にニュースになっていました(4億5千万円の所得隠しを告発された人)。何百万円とかっていう単位ではなく、数億円に登る無申告のケースが多かったですね。もちろんこういった事件がニュースになるのはある意味見せしめという意味合いもあるでしょうし、それによって脱税が少なくなったというなら何よりですが(もっとも、皆がちゃんと確定申告をして税金を払うようになったのか、単純に利益が出ていないのかということのどちらなのかはわかりませんが)。

このページの先頭へ