FX口座開設はどんな場合に審査で落ちる?に回答

FXの口座を開設する際には、どんな証券会社であっても審査を行います。「無職でも年収が超少なくてもどうでもいいから客を集めろ!」みたいな時代はもうとっくに過ぎ去っているんですよね。

審査基準には公開されているものと公開されていないものがあるのですが、(証券会社によっては完全非公表の場合もある)たまに審査で落とされてしまう人もいるんですよね。

審査で落ちた場合には、「なぜ口座開設できないのか?」という疑問に証券会社は答えてくれません。

ですから、FX口座を開設できない場合にはその理由については自力で考える必要があります。ある程度は自分でも認識できているとは思いますが・・・。

具体的にはどんな人が落ちるのか?

いくつかの申込受付基準について公表している証券会社を参考に考えてみます。(審査基準は2016年10月の時点のものを参考にしています)

金融資産の保有額

これについてはどこの証券会社であっても審査基準に入っていると思いますね。

例えばインヴァスト証券。『金融資産が50万円以上あること』

GMOクリック証券の場合にはもっと基準額が高く、100万円以上となっています。

これらの審査基準については明確に書かれているものですから、証券会社と交渉して下げてもらうなんていうことは不可能でしょう。ただ、この金融資産額については正直言って基準が低いような気がしますね。

FXで安定した勝率を出すために100万円で資金が十分か?と言われると甚だ疑問です。もしも資金が50万円もないような状態であれば、口座開設ができるかどうかという話ではなくそもそも資産運用をするべきではないと思います。

ただ、金融資産の金額については自己申告であって、中にはウソをついて口座開設しようと考える人もいるかもしれません。銀行口座のチェックとかを証券会社ができるわけでもありませんし。

全然貯金がないのにウソをついて口座開設したとしても、そもそもの投資資金が少ないので利益があがるようになるとは思えませんけどね。

年齢

多くの証券会社では、口座開設する際に年齢制限を設けています。FXの場合には20歳以上というのが一般的な条件ですね。

年齢の上限についても制限をつけている証券会社は多くて、GMOクリック証券の場合には80歳以下、インヴァスト証券の場合には75歳未満となっています。

ちょっとこの年齢上限についてはどういった理由で設定されているのかはわかりませんけど、家族のなりすましとかそういった事件の防止用なんでしょうか?

80歳を超えてもFX投資をする人はそんなにいないでしょうし、実際にその年齢でFX投資をしようとするのだったら法人を使ってFX口座の開設をしているでしょうからね。

まあ、このサイト(https://www.goodstartfx.com/)を読んでいるあなたが年齢上限に引っかかるのはずっとずっと先のことでしょうから、年齢上限についてはあまり考える必要はないでしょう。

パソコンの所有&PCメールアドレス

これも比較的一般的な審査条件です。携帯電話やスマホで口座開設ができて取引ができるという場合であっても、パソコンを持っていること(使えること)、パソコン用のEメールアドレスを持っていることを条件にしている証券会社は多いです。

というか、パソコンとかスマホとかを持っていなかったらFX取引ができないっていうか口座開設の申込もできないですしね。

FX投資は株式投資なんかとは異なり、証券会社が電話で「この株が上がりますよ~」と言って買わせて手数料を取って、「こっちも上がりますよ~」「これもいいですよ~」とかって徐々に手数料を絞っていくことができませんから。

FXの場合には顧客個人の意志で何十回も何百回も取引してもらってちょっとずつ手数料を稼いでいくというのが証券会社の基本ラインになります。

日本国内に住んでいること

FX取引を行う国内業者は大抵この条件をつけています。ただし、日本に住んでさえいれば国籍は問わない、というのが普通です。やっぱり海外に住んでいる人が相手だと色々と面倒くさいことが起こりますしね。マネーロンダリングとかさ・・・。

でもこう考えてみると海外業者っていうのはこの点寛大ですね。海外業者が居住地制限をしていたら我々は国内業者しか利用できませんし。海外業者を使うと入金とか出金とかのやり取りがクソ面倒くさいというのが最強に大きな欠点ではありますが。

名義

本人名義で口座開設申込みをしていること(当たり前)、複数口座を開設しないことなどが条件になります。

複数口座を開設できる所はそれなりに存在しますが、特に大きなメリットはないと思います。資金管理のことを考えて複数口座を開設するくらいだったら別々のFX業者で口座開設すれば良い話ですしね。

職業

証券会社に勤務している場合なんかはFX口座の開設に制限がかかります。また、上場企業の役員なんかも審査が厳しくなります。

小金持ちの無職よりも、口座開設ができる可能性は格段に低くなりますね。というか、証券会社勤務の場合にはたぶん無理なんじゃないかと・・・。

・・・と、いくつかの条件を挙げてみました。これ以外で引っかかる場合としては、口座開設申込みの時の『アンケート的な項目』に問題があることも。

投資経験だとか、そういう部分で引っかかることもあるんですよ。

【参考】

FX取引で売買を始めるには、いくつか必要な物があります。

  1. パソコン(携帯電話・スマートフォン)
  2. 投資資金
  3. 証券会社の口座
  4. ある程度の時間

大雑把に言えば、上の4つがあればとりあえずはFX投資が可能です。正確にはインターネット回線とかも必要になりますが、このサイトを見ているのであればきっと問題ないでしょう。

では、それぞれについて見ていきましょう。

  1. パソコン(携帯電話・スマートフォン)
  2. そもそもFX取引はインターネット上で自分で注文をして行うものですから、パソコンを所有していないと話になりません。携帯電話やスマートフォンで取引可能な証券会社であっても、パソコンを持っていない場合には口座開設ができないことがほとんどです。

    以前はスマホでFX取引をすることはできなかった・・・というか、そもそもスマホ自体が存在しなかったのでパソコンのみでの取引しかできませんでした。

    パソコンだけでしか取引ができないとなると、基本的には自宅にいるときにしかFX取引ができなかったんですよね。そういう意味では外出中に暴落暴騰が起きるリスクもありましたし、外出先で突発的な事態に対応できないという不便がありました。

    そのため、大きなポジションを建てる際には常にロスカットを置いておかなければなりませんでした。もちろんこれについてはスマホ取引が可能になった現在でも置いておくべきなんですけど、やはり24時間手元に口座の操作端末があるのとないのとでは安心感が違いますからね。

  3. 投資資金
  4. これも当然必要ですよね。資産運用をこれからしていくわけですから、とにかく元手が必要です。

    自分の貯金はないけれども家族の貯金とか親戚の貯金でFX投資を始めたい、という人がたまにいるようなのですが、家族であったとしても他人の資金を自分の口座で運用することは不可能です。

    また、家族の代わりに口座開設をして、実際に運用するのは自分・・・という使い方も認められていません。

    証券会社に口座を開設してFX取引をしたいという時には、少なくとも50万円くらいの貯金が必要になりますね。証券会社によってはもっと多くの資金がないとFX取引をすることが認められない場合も多いです。

    投資資金については元手が多ければ多いほど安定した投資成績を残せるようになりますし、気持ちの上でも余裕を持った取引が可能になります。ただし、投資資金が大きくなるにつれて保有ポジションも大きくなりがちですからこの点はしっかりとしたリスク管理が必要ですね。

    投資金額が大きくなってもそれに比例して保有ポジションを増やしてしまったらリスクを下げることができませんから。

  5. 証券会社の口座
  6. FX投資を始めた場合には、普段銀行口座に預けている資金を使って取引するのではなく、FXを取り扱っている証券会社に新しく口座を開設して資金を振り込んだ後にFX取引をすることになります。

    ということで、証券会社にFX用の口座を開設しなければなりません。

    この口座開設については最初に審査が行われて、審査に通らなければFX投資をすることができないんですね。

    もちろん審査とは言っても面接とかがあるわけではなく、一定の内容をインターネットで申し込む時に記入して、それを見て証券会社側が判断を下すことになります。

    普通に生活している人であればFX口座開設のための審査に落ちることはまずありません。資産内容によっては仕事をしていなくても普通に開設できることもありますし。

    (参考)どんな場合に口座開設の審査に落ちるのか

    ただ、証券会社によって結構口座開設の基準が異なっていて、AというFX業者では審査が通らなかったのに、BというFX業者では審査が通った、なんていうこともよくあります。

    とはいえ、余程のことがなければ口座開設の審査に落ちることはありませんから、審査落ちするようであればFX投資をする前にもっと考えなければならないことがある・・・ということでしょう。

  7. ある程度の時間
  8. 資産運用っていうのはやっぱりある程度の余暇が必要です。仕事で忙しくて寝る暇も食べる暇もないのにFX投資を始める・・・っていうのは無謀であることが誰にでもわかると思います。

    もちろんその時間で取引ばかりをするのではなく、勉強をしてみたり、投資計画を練ってみたり、ニュースを眺めたり、時には休息にあてて頭をリフレッシュさせることも必要になりますね。

    時間に余裕が無い状態でFX投資を始めても判断を誤る原因になりますし、売買について考えることができなければ取引内で利益を得ていくことはなかなか難しいでしょうね。

と、こんな感じでしょうか?この4つさえあれば、いつでもFX投資をスタートさせることが可能です。

このページの先頭へ