FXを始める時に証券会社はどこを選べばいいのか?を解説

FX投資を始める場合にどこの証券会社を使えばいいのだろうか、というのは誰でも初心者の時に悩んでしまう問題です。

取引システムが使いやすいのはどこ?
スプレッドなどの手数料が安いのはどこ?
スワップ金利が有利なのはどこ?
潰れなくて安全な会社はどこ?

あなたもこういったことなどを色々と考えてしまって迷っているのではないでしょうか?

ここでは、これからFX投資を始めるという場合に利益をあげるために有利に取引ができる会社の条件について解説していきます。

安全性はそれほど気にする必要がない

日本国内の証券会社を使う限りにおいては、現在では証券会社自体の資産状況などの安全性はそれほど気にする必要がありません。

金融庁への登録などをちゃんと済ませている証券会社ならセーフティネットとして信託銀行などに私達が預けた証拠金を管理させているはずですから。

 
これが一昔前だと信託銀行を使うなどの法規制が全くありませんでしたから、証券会社が倒産したときなどに預けた証拠金や未決済の利益などが戻ってこないという事態になっていました(そのくせ損失分は穴埋めさせられる)。

それどころか、日本国内で起きた最悪のFX事件として「証券会社が顧客の資金を使い込む」なんてことがあったんですね。こういった事件があったので現在は会社側が顧客資産には手を出せないような仕組みになっています。

もちろん証券会社に何かあって潰れた場合でも、信託銀行から資金がちゃんと返還されるシステムです。例えばこの後に紹介する所の場合には、保全先として複数の信託銀行を利用して証券会社あるいは信託銀行が破綻したときでも投資家の資金が保全されるような仕組みを採用しています。

老舗証券会社は手数料が高い

安全性についてそれほど考慮する必要がない、ということで次に考えるべきことはやはり手数料ですよね。

ただ、昔は取引手数料として売買を行うごとに数百円を毎回徴収されていたのですが、最近では取引手数料を設定している証券会社はほとんどなくなっています。

 
現在かかる手数料としては売買時に売りと買いの差額である『スプレッド』部分があるのですが(1ドル=100円50銭から53銭、という時の3銭部分)、これが各証券会社によって結構差がついているんですね。

一般的には新興の証券会社は知名度が低いために有利な条件を提示しないと投資家が集まらない、ということでこのスプレッドは投資家に有利に設定されています。

 
逆に、老舗の有名な証券会社の場合には放って置いても客が集まりますし、高齢者なんかは昔から知っているからという理由だけで使う所を決める(手数料なんか考えていない)傾向があるので投資家側には不利な設定になっていることがほとんどです。

スワップ金利は通貨ペアによって有利な所が違う

もう一つ、利益をなるべくあげたいと考えている人であれば「スワップ金利」が気になるところでしょう。

ただ、スワップ金利については「ここの会社が一番有利!」と断言することができないんですよね。理由は以下の通りです。

スワップ金利は毎日変動する
通貨ペアによって一番有利な証券会社が違う

通貨ペアによって違う、というのは次のような感じです。

・米ドル/円の買いで一番有利なのはA証券
・ユーロ/円の買いで一番有利なのはB証券
・ポンド/フランの買いで一番有利なのはC証券

と言ったような感じになるので、スワップ金利については自分がメインで使いたいと思っている通貨ペアで有利な証券会社を選ぶということになるでしょう。

もしくは、多少の差額についてはあまり気にしないようにするという感じですね(大体は1日数円程度の差でしかないので)。

結果的に、皆が使っている所が一番使いやすい

結局のところ、FX投資をするためにどこの証券会社を使えばいいのか・・・というのは「皆が使っている所」を選ぶというのが一番簡単だったりします。

やはり投資家が集まっているということにはそれなりに理由があるわけですし、特にこうしたネット取引の場合にはその傾向が顕著です。

具体的に皆が使っている証券会社ということになると、次のところなんかが代表的ですね。

⇒ DMM FX

この証券会社を多くの人が使っているというのには、次のような理由があると思います。

初心者でも比較的開設しやすい

初心者お断りの証券会社だったらここまで口座数が伸びないでしょう。大手で有名な所だと貧乏人お断り・一見さんお断り・若い人お断りなんてこともありますから。

初心者サポートシステムが充実している

FX投資を始めたばかりの場合には、取引中にどうしたらいいのかわからなくなることがあります(特に売買システムの操作方法で)。

そういった場合にメールや電話、LINEなど複数の方法で問い合わせが可能になっているということが大きいようですね。

単純に手数料とスワップ金利が有利

勝つためにはここが重要です。特に手数料(スプレッド)については業界でも最も良い水準のレートを提示しています。

このページの先頭へ