FXの口座開設で勤務先に電話が来ないようにするには

勤務先には電話をかけてほしくない

FX投資を始めるために口座開設をする上で、これだけは避けたいというものがあります。

「証券会社から勤務先に電話がかかってくること」

ですよね。

 
証券会社から勤務先に電話がかかってくるケースとして考えられるのは次の2つです。

口座開設時に勤務先の在籍確認をしてくる
追証を払えず逃げた場合に探すため電話してくる

この内、後者の「追証を払えず逃げた場合」というのは勤務先に電話をかけられても仕方ありませんよね。払うものを払わずに逃げているわけですから証券会社だって当然追っかけます。

こちらについては悪いこと(大きな損失を出して逃亡)をしなければ関係ありませんから、ちゃんとしている人は考えなくてもいいでしょう。

 
ですから、避けるべきなのは前者の「口座開設時に勤務先の在籍確認をしてくる」というパターンです。

そもそも在籍確認というのは?

そもそもこの在籍確認というのはいくつかの意味を持っています。

  • 口座開設の申し込みで嘘をついていないかのチェック
  • FX投資用の口座開設でも株式投資でも、口座開設時に嘘をついてはいけないというのは当然です。

    証券会社側がどこまで調査をしてくるかということは別にして、正確な情報を申請するというのは当然ですよね。

     
    で、さすがにメールアドレスや電話番号で嘘を書く人はいないですから(間違えて入力するということはあるにせよ)、嘘が書かれているとしたら勤務先情報ということになります。

    「本当は無職だけどそれを知られたくない」「本当は無職だけど正直に書いたら口座開設審査に通らないような気がする」「FX投資をすることを会社に知られたくない」

    という理由で勤務先名や電話番号で嘘を書いている人がいる可能性があるわけです。そういう点をチェックするために在籍確認をやっていることがあります。

  • それなりにお金を払うための収入があるかどうかのチェック
  • 証券会社側としては、継続してFX投資を行ってもらって長期間手数料を落としてもらいたいということと、大きな損失を出した時にちゃんと穴埋め(追証の支払い)をしてもらいたいという2つの希望を持っています。

    でもこれは、投資家自身に安定した収入かたくさんの貯金がなければ無理なことですよね。

    そういう意味で、勤務先でちゃんと仕事をしているのかどうか、という探りを入れている可能性もあるわけです。

    なるべくだったら安定収入を持っている人に口座開設をさせたいですからね。

  • 『良い会社』に勤めているかどうかのチェック
  • 一部の証券会社では顧客の『質』にまでこだわって口座開設の審査を行っていることがあります。

    顧客の質というのは、要するにどんな会社に勤めているのか、良い会社・知名度の高い会社なのか?ということですね。

     
    上場企業に努めているんだったら最高。素晴らしい。

    地方の名前も聞いたことのないような小さい会社の人はちょっと・・・みたいな感じです。

     
    就職活動の時に、東大京大早慶だったら何でもOK。地方大学なんて無視!みたいな会社がたくさんあったでしょう?それと同じようなスタイルで顧客の選別を行っている証券会社が未だにあるわけです。

    なので、小さい会社の人には「誠に申し訳ありませんが今回はご縁が・・・」ということで審査に落とし、大きな会社名を書いている人にはそれが本当かどうかをチェックしているという感じですね。

電話をしてくる証券会社、してこない証券会社

なんというか、職業差別をされているような感じで不愉快になることもあるでしょう。しかし、口座開設をさせるかどうかはある意味向こうの気分次第ですから私たちにはどうしようもありません。

ですから私達ができることとしては、

在籍確認の電話をしてこない証券会社で口座開設をすること
職業差別をしない証券会社を使うこと

程度しかないんですよね。

 
で、もう何となく察しはついていると思うんですけど、在籍確認の電話をしてくるような会社というのはいわゆる「知名度の高い証券会社」「古くから営業している証券会社」「高学歴の社員が多そうな(汗)証券会社」です。

何で私がそんな事分かるのかって・・・実際にかかってきましたからね。

 
逆にそういった無粋なことをしてこない証券会社としては次のような所があります。

⇒ DMM FX
(キャッシュバック条件についてはリンク先で確認を)

リンク先を見てもらえればわかりますけど、スムーズな口座開設を売りにしていますから在籍確認とか勤務先の調査とか、そういった部分ではない所で審査をしている証券会社です。

よほどおかしな事を申し込み時に書かなければ電話がかかってくるなんてこともないでしょう。

【参考】

○勤務先情報を正直に書くのは大前提

もちろん、口座開設の申込時には勤務先情報・勤務先電話番号について正直に書くということが大前提です。

いくら勤務先に資産運用をしていることを知られたくないからと言っても嘘を書いてしまうと後からトラブルになった時に大変ですし、適当に『無職』にしておくとそれが原因で口座開設審査に落ちることだってあるわけですから。

 
つまり、ちゃんと勤務先情報・電話番号を記入した上で、勤務先に電話がかかってきにくい証券会社を選ばなければなりません。

 
○統計的に見て、勤務先に電話をかけてくる証券会社は?

では、FX口座の開設時に勤務先に電話をかけてきやすい証券会社はどういったところでしょうか?

具体的に挙げると次のような感じですね。

歴史の古い証券会社
誰もが知っている超大手の証券会社
開設審査に時間がかかる証券会社

昔から営業していて知名度の高い証券会社の場合にはこういった勤務先の調査などもキッチリ行っている、というのはわかりやすい図式だと思います。

自社のブランド的なものを維持するためにも顧客の質にとにかくこだわりたい、という意思が働いているわけですから、当然口座開設審査の際には勤務先に電話をかけてきて在籍確認などを行ってくると考えられます。

 
じゃあ自営業や無職の場合にはどうなるんだ?ということになりますが、この場合には直接本人に電話をかけてきて色々なことを尋ねてきます。

FX投資のリスクについて理解しているのか、取引のやり方はちゃんとわかっているのか、金融資産はどのくらい持っているのか、収入はどのようにして得ているのか・・・などなど。

よくそんなに聞くことがあるな(というか申込時にちゃんと書いたじゃん・・・)というくらい根掘り葉掘り聞かれることになります。これと同じことを勤務先に電話して聞いてきたら真っ青ですね。

 
また、いわゆる超大手の証券会社ではない場合であっても、口座開設の審査に時間がかかるような所の場合には勤務先調査をしている可能性が高いですね。十分時間があるわけですから。

ウェブサイト上で『取引可能になるまで一週間前後』とかって書かれている場合にはちょっと危ない感じです。こういった証券会社の場合にも勤務先に電話をかけてくる可能性があると言えるでしょう。

 
○勤務先に電話をかけてくる可能性が低い証券会社で

では、逆に勤務先に電話をかけてくる可能性が低い証券会社はどこか?ということになります。

これについては上で書いた条件の逆になるような証券会社を選べば良いということですね。

昔からある証券会社ではないこと
口座開設審査がスムーズなこと

上で解説したような証券会社であれば、口座開設の審査を非常にスピーディーにやっている関係上、他の証券会社よりも勤務先に電話をしてくる確率が低いですね。

基本的には翌日には取引開始可能になるので(休日などを挟む場合にはその翌日)、時間的なことを考えても勤務先に電話をかけてきて面倒なことを尋ねている暇はないといえるでしょう。

 
というか、証券会社側から見て重要なのは「どこの会社に勤めているのか」ということよりも「いくら貯金を持っているのか」ということでしょうから・・・。

こういった新興のFX証券会社の場合には「一流企業の社員しか相手にしない」なんてワガママは言ってられないわけですね。

もっとも、こういった新興の証券会社の方が投資家が集まりやすくなるので結局は財務的にも健全性が保たれていますから、投資初心者でも安心して口座開設をできるということになります。

 
○絶対に勤務先に電話がかかってこないとはいい切れませんが

上で紹介した証券会社だったら絶対に勤務先に電話がかかってこないとはいい切れませんが、他の証券会社よりははるかに可能性は低いでしょう。

電話がかかってくる事があるとすれば、開設申込時によほどおかしな事をあなたが書いてしまっていた時くらいでしょうか?

居住地と勤務先住所が全然違うとか、金融資産100億円と書いたとか。

 
ただ、その場合でもいきなり勤務先に電話してくるのではなくてあなた自身の携帯電話に連絡をつけてくるというのがほとんどだと思います。

こういった新興の証券会社の場合には、顧客が何をされたら嫌がるか(今回の場合には『勤務先に電話してくること』)というのをちゃんと把握していますからね。そういった配慮のできる証券会社でFX取引をするというのは今後の投資成績にもつながってくるはずです。

このページの先頭へ