スプレッドが狭いFX証券会社を探しているなら

スプレッドが狭い有利なFX証券会社を使いたい・・・というのであればこちらの証券会社を参照してみてください。

⇒ DMM FX

恐らく、今現在あなたが利用している証券会社よりもスプレッドが狭いのではないでしょうか?

最悪の場合でも今の証券会社と同等のスプレッドではないかと思います。その場合には今使っている所から変更する必要は特にないでしょう(複数の口座を開設したいという場合などは別ですが)。

海外業者はスプレッドが狭いと聞いたけど?

海外FX業者の利用

FX取引におけるスプレッドについての話になると、「海外業者にはスプレッドが狭いものもある」「スプレッドがほぼゼロの海外業者がある」ということを小耳に挟むようになると思います。

確かに、日本国内の業者よりもスプレッドが狭いというところもあるのですが、実際に使うとなるとかなり条件がキツイところがほとんどです。

例えば・・・

オーバーナイトの場合には取引手数料が必要
一定以上の取引を毎月行わなければならない
スワップポイントが非常に不利

こういった条件が付随していることが多く、あまり理想的な取引環境とはいえないことがあります。

 
オーバーナイトしてしまうと高額の手数料が取られるために、含み損を抱えていてもポジションを処分しなければならない。取り返すために翌日も同じポジションを建てなければならない。

あるいは、スワップポイントが売買両方ともマイナスになるとか。この場合には保有を続ければ続けるほど損失が膨らんでいくのでいくらスプレッドが狭くても有利にはならないわけです。

ちょっとした手数料で利益が飛んでいく
 
一番問題となるのが使用言語ですね。日本人も対象としている海外業者も複数あるわけですが、サポートでの日本語使用が可能であっても片言の日本語だったり、明らかに翻訳機にかけただけの変な日本語が使われていたりします。

入金や出金の手続きについてもシステムが完備されていないことがあり、いまだに書類を郵送あるいはFAXした上での手続きになることも。

さらにその書類自体が英語で書かれていて、当然記入もアルファベットで・・・ということになると非常に面倒です。

 
一番の問題となるのは税金と確定申告ですね。

海外業者では当然日本の確定申告や税金の仕組みに合わせてくれているわけではなく、その国の納税方法に合わせたシステムを作っています(日本の証券会社だって日本の税制に合わせていますよね)。

そうなると、申告を行う時には国内業者であればボタン一発で必要な書類がプリントできるのに、海外業者を使っている場合には自分で計算をしなければならない・・・なんていうことも。

海外FX業者だと申告手続きが面倒
 
そもそも海外業者を使っていて倒産などのトラブルがあった場合に日本の金融庁が動いてくれるわけでもありません。

日本国内の業者であればシステム的に預けている証拠金が保証されたりする所が、海外業者を使っていたら保証が全く無いわけです。

第一、手数料もスプレッドもゼロ!投資家に超有利!なんていうもの凄い海外業者があったとして、その海外業者はどこからどうやって利益を出しているのでしょうか?

放って置いてもその内潰れてしまうような気がしますし、潰れない場合には証拠金の持ち逃げが心配になってしまいます・・・。

 
そういう意味でもスプレッドが狭い証券会社を探す場合には日本国内で営業している証券会社の中から選ぶべきですね。

昔と違って各通貨ペアのスプレッドもだいぶ縮小してきていますし、普通に取引するのであれば損失としてもそれほど気にならないようなスプレッド幅になっています。

 
以前はポンド円でスプレッド1.5円なんていうとんでもないスプレッド(さらにバカ高い取引手数料)を取られていたので海外業者という選択肢は必須だったのですが、今では国内業者間での競争が進んできて手数料は無料、スプレッドも限りなくゼロに近づいてきているので危険を犯して海外業者を使う必要性はそれほど無いように感じます。

このページの先頭へ