FX初心者で資金が少ない人はどこの証券会社を使うべきか

FX初心者で資金が少ない人はどこの証券会社を使えばいいのか?どんな風に取引をしていけばいいのか?ということで悩んでいないでしょうか?

初心者で資金が少ない人・・・と言っても基準は人それぞれですから一概には言えないのですが、1つ確実に言えることはあります。それは、

「10万円程度しか資金がない人はFX投資をしてはいけない」

ということです。

(もっと資金を用意したから「どこの証券会社を使えばいいか」だけ知りたい、という人は資金準備の項目を飛ばしてこちらの項目へ

資金が少なすぎる人はFX投資に手を出してはいけない

確かにいろいろなサイトを見ていると、FX投資というものは少ない資金でも始められて大きな利益!みたいなイメージを持ってしまうのですが、実際にはそんなことはありません。

あくまでも、
『小さい資金で大きな取引』
ができるだけであって、
『資金が少なくてもできる』
ということではありません。

資金を100万円持っている人がそのうちの10万円を使って大きい取引をするということです。資金が5万円しかない人が5万円使って大きい取引をするためのものではないんですね。

では、どのくらい資金があれば初心者でも始められるのか?

ということになると、私の実体験から言うと50万円はほしいですね。

証券会社が用意しているデモ取引を使ってみたことがあればこれはわかるのですが、証拠金が違うだけでも取引内容には大きな差が出てきます。

単純に建てられるポジションの量が違いますし、ポジション量が違えば同時に取引できる通貨ペアの数も違ってきます。

それ以前に同じポジション量を保有していてもロスカットラインが全然違う価格に置かれてしまうわけです。

デモ取引では何も考えずにガンガン取引できていても、5万円しか用意していない実際の取引では何もできなくなるということに。

 
5万円しか持っていないというのであれば、1万通貨を例えば米ドル円で買ったとしても5円下がっただけでスッカラカンになるわけです(普通はその前にロスカットされていくらかの証拠金が残りますが)。

これが50万円証拠金を用意しているんだったら1万通貨ではほぼロスカットされませんから、取引していく上で全然余裕が違ってくるんですよね。

 
そういうわけで、資金が少ない人はとりあえず50万円くらい貯金ができるまでFX投資を始めるのは待ったほうが良いでしょう。

もちろん、口座開設自体は先に済ませておいてそれから貯金に励むというやり方でモチベーションが上がると言うならそれでも構わないと思います(証券会社が審査を通してくれるかどうかは別として)。

どこの証券会社を使うべきか?

さて、資金が少ない人でもめでたく50万円ほど貯金ができて、口座開設をしてFX投資を始めよう・・・となった時に次に迷ってしまうのが「どこの証券会社を使うべきか?」ということなんですよね。

初心者にも使いやすい証券会社で口座開設するべき

おそらく50万円ほどの貯金があればほとんどの証券会社では口座開設が可能になるはずなんですが、ここで考えておきたいのは初心者サポートが充実しているかどうか、ということです。

いくらFX投資や為替相場について勉強したとしても、いくらデモ取引で利益をあげることができたとしても、実際に自分のお金で取引するということになるとわからないことが出てきたりシステム上のトラブルが発生したりということがあります。

 
そういった場合にすぐに証券会社に助けを求められるシステムが存在するかどうか、というのはこれからFX投資を始める初心者にとっては非常に重要なことなんですよね。

もちろん、あまり電話サポートやメールサポートを受けたくないという人でも同じです。そういった性格の場合にはウェブ上でトラブルの解決策を探すことになるわけですが、直接証券会社のサイトにQ&Aなどが用意されているというのがベストでしょう。

 
こうした初心者サポートが用意されている証券会社で代表的なところはここでしょうか。

⇒ DMM FX

この証券会社では、初心者サポートという面で見ると次のような特徴があります。

これからFX投資を始める人のためのガイド
マーケットオープン中にはいつでも電話サポートが可能(夜中でも)
メールフォームでの問い合わせが可能
LINEを使った問い合わせが可能
よくある質問への回答を掲載中

こうしたシステムが用意されているので、これからFX投資を始めるという人にとっては使いやすい証券会社と言えるでしょう。

FX初心者の口座開設数も非常に多いことから、やはり初心者・資金が少ない人が最初に口座開設する証券会社としてはかなり有力ですね。

 
特に、資金が少ない人にとってはちょっとしたトラブルや疑問を残しておくとすぐ大損につながってしまいますからこうしたサポートを上手く利用していかなければなりませんね。

このページの先頭へ